イノシス研究所株式会社 : Dynamics CRM 開発トレーニング コース3

トレーニングコース3 システム連携

コース概要
コース3では、Microsoft Dyanmics CRM 2011と外部のカスタムシステムとの連携およびニーズが高いMicrosoft Office (特にExcelとWord)との連携方法を習得します。また、弊社エンジニアが直面した問題から発見した開発現場で役立つTIPSや開発のベストプラクティスについてもご紹介します。
前提条件
このコースに参加する受講者に必要な条件は次のとおりです。Dynamics CRM 3.x/4.x/2011 の基本的な操作方法に関する知識(ユーザレベル)グローバルナレッジ社主催のトレーニング「Microsoft Dynamics CRM 2011 カスタマイズと構成」受講終了レベルと同等の知識Visual C#, Visual Basic によるWebアプリケーションの開発・構築経験
講義内容
・Dynamics CRMの基本構成・ SDK      APIの種類      イベント・ データベースアクセス      Xxxx_MSCRMのテーブルとビュー      SDK (API) によるアクセス
・Microsoft Office連携・標準機能による連携      Excelエクスポート      Word差し込み・Excel帳票      データ書き込み      Excelからのプログラム起動
・外部システム連携・インポートツール      インポートの手順      制限事項・データ移行マネージャ      データ移行設計      作業手順      制限事項・カスタムインポートツール      認証      CRM SDK      トランザクション処理・業務システム連動      トリガー      トランザクション処理      データの同期について

各コースの前提条件は受講の上での推奨条件となります。前提条件についてご不明な点がございましたらお問い合わせください。